留学に掛かる費用を抑える方法で夢実現−費用を安くしYO−

値段の差

日本人の留学者数減少と大学費用の高騰

アメリカの大学では毎年授業料が少しずつ上がっているが、ここ数年は特に値上がりが激しいです。景気悪化もあるが、チャレンジしようとする若者が減っているため留学する学生が減っている現状です。日本人は内向き傾向だから留学しないそうです。高い費用とリスクを負ってまで留学する価値がないということだそうです。 なぜアメリカの授業料が高くなっているのでしょうか。アメリカの景気が低迷しているため補助金を削られた大学が授業料に上乗せしているのです。費用が高くなればなるほど、海外に行こうと思う人が減っていきます。 このような現状のため、最近ではお金を留学に使うのではなくほかの者のために使ったほうがいいと考える人が増えているのが現状です。

これから海外に行く人の傾向とは

家計に負担がかかるぐらいならわざわざ留学するという学生は減っています。 現在は経済負担が大きい私費留学は減少傾向だが、大学が奨学金をだしてくれる交換留学のほうが一般的になっています。こちらのほうが経済負担が軽減され費用を抑えることができます。また、語学留学は費用が安く抑えることができます。滞在費用も学費も安くできるフィリピンが人気になっており、そちらに行くことを選択する人が増えていると思います。 これからは東京五輪が開催されるとあって英語の必要性を感じ若者が増えると思われます。そのような人が海外にでて英語や文化を吸収し、オリンピックの時に活かせられたらと思う人が増えるのでないかと思います。留学経験者が必要とされる世の中になるかと思います。